青木克磨の顔写真


「本当に、これで、大丈夫なんだろうな?」
ご依頼社の取締役から眼光するどく問われれば、デザイナーの目は泳ぐものです。


真摯に考えれば、造形表現というものは本来曖昧さがあり、
危うさを感じないデザイナーはいないでしょう。

そうした曖昧さに怖さを感じるだけに、私はより深く考えずにはいられません。

そのため、企業に内在するマインドや、ポテンシャルという力に、
クラッチのようにつながり、現実を動かせるようなコミュニケーションツールとしての
VI(Visual Identity)、ロゴマークをデザインできないかと考えてしまいます。

それが、私の目指すデザインです。

そして、用即美、使うことに誠実につくられたものは、自ずと洗練されていて美しい。
それが、私が作り手だけでなく、使い手、生活者としてもデザインに求めるものです。

要するに、捉えどころのないものは嫌いです。

そうした指向から、ものごとの因果関係が腑に落ちないと、
恥ずかしながら生来の気弱な性格も手伝って、
何事も、私は、胸をはって提案すること、仕事をすることができない人間です。

そのため、私にとってデザインは、謎であり、ブラックボックスになっていました。
あなたも、デザインを、そんなふうに感じていませんか?

理屈抜きに、企業の本質をつかみ、
人がハッとするような魅力的な造形、ロゴマークをつくることは
今でもデザインメソッド(手法)の王道です。

こうした直感的なセンスだけで勝負するやり方は、
確かに「これだ!」というものができた場合、悪くありません。
すばらしいといえます。

しかし、一歩間違うと独りよがりで、迷走しやすく、
時間切れからとりあえずのカタチにまとめてしまう危うさが、
つねに仕事についてまわります。

それが、ご依頼社とのトラブルの元凶になることも少なくありません。


空回りしてしまう可能性の高い、このアーティスティックなデザインメソッドに、
私は、キャリアを重ねるたびに、不安と疑問を抱かずにはいられませんでした。

立場上、ご依頼社に、胸をはって提案しなければなりません。
しかし、直感的なセンスでデザインしているため、
明快に説明する言葉が見当たらないこと、説明するまでもない内容の浅さも問題で、
私は、いつもデザイン提案する、プレゼンテーションの場で困ってしまうわけです。

多くのデザイナーは、皆、そういう状況ではないかと思います。

今から思えば、その原因、その問題点の根本にあるのは、
伝えることの本質、企業に内在する魅力の本質が見えていなかったからです。

後年、それらは、自力で苦心しながら、学びとりましたが、
それ以上に本質的な原因は、仕事に対する真摯な想い、熱意というものに、
自分が、目覚めていなかったことです。

ご依頼社のある仕事を、自分の価値を認めてもらうための作品にしたいという
下心がつねにあって、私の意識を濁らせていたからです。
作品という意識は、デザイナーの理性を奪ってしまう魅惑的なものであり、
それに、からめとられていました。

真摯な想い、熱意は、ものごとをクリアーに見ること、考えることができ、
優れたものをつくる原動力です。

それを証明する優れたシンボルがあります。
誰でも知っているデザインです。

劇的で、ドラマチックなシンボル

それは、キリスト教の十字架です。

見映えよく美しく、人々に伝えたい、それは人の心の自然な発露です。
しかし、本当に伝えたいものがある者は、すこし違います。

十字架はそういう力があります。

ご存知の通り、残忍な処刑、恥辱と嫌悪のしるし、十字架を、あえて逆転させて、
キリストの偉大な功績、誇りのシンボルとする着想は、劇的で、ドラマチックです。
そして、そこに人類が犯した罪を償い救いをもたらしたという偉大な贖罪、
キリスト教にとって最も重要なものが、重要なものとして、巧みに示されています。

不思議なことですが、優れた価値・意味が見えてしまうもの、
気づかせてくれるものは、結果として、人の目に美しくみえてきます。

さらに、江戸時代の踏み絵などを想い出すとき、そこにキリスト教がもつ
行動への強い動因が、十字架というシンボルの中にしっかり息づいていることに気づきます。
自らの命をもってあがなわれた主に対して、
自らの命をもって帰依する行為には、純粋な流れ、自ずと連想させる力があり、
人に働きかける力が宿っていると言えます。

「核心にある意識を抽出」されることによって、
「行動への動機、動因となりえる解釈」がうまれるようになっています。

「意識、解釈、行動、結果」は、ひと続きに連動するものだからです。

キリスト教のシンボルは十字架以外には考えられず、曖昧さが微塵もありません。
そして、そこにあるのは、垂直線が崇高さを表し、水平線が心の安寧を表すなど、
常套句のような眠くなるものではありません。

シンボルに表現された内容そのものだけでも、
そのものの存在感、あり方を、強く証明する力になっています。

うわべだけの薄っぺらいもの

こうした仕組み、モデル構造が腑に落ちたときに、気づきました。
いままでの私の仕事は、まるで闇雲で、うわべだけの薄っぺらいものだったと。
私はなにも見えておらず、見ようともしていませんでした。

このような表現構造をもっているのは、十字架のようなシンボルだけではありません。

意外にも普段、私たちが親しんでいる、映画やドラマ、マンガにおいても
まったく同じなのです。それらの構造は、映画や小説のシナリオ系の本を読んでいると
詳細に分析されています。

その表現構造は大きく「2つの次元」があるといいます。
そのひとつは「内容の面白さ」、もうひとつは「伝え方の面白さ」です。

前者を「ミュトス(mythos)」といい、
後者を「エロキューション(elocution)」というようです。

同じミュトス(内容)でも、エロキューション(伝え方)によって、
面白くも、つまらなくもなります。

しかし、ミュトスである「内容」が、取るに足りないものなのに、
エロキューション、つまり「伝え方の力」だけで面白くするのは、無理があるといいます。

十字架は「内容」「伝え方」とも、その存在を際立たせる見事なものです。
具体的にいえば、原罪という意識の抽出と、
原罪を浮かび上がらせる処刑道具十字架というインパクトあるものです。

私はこういう要素と構造に気づかず「伝え方の面白さ」だけを、
デザインしていたので、なんとなく釈然とせず、
ぼんやりとした違和感から危うさを感じていたわけです。

例えれば、アンコのないおまんじゅうを、つくっていたといえます。

映画、ドラマ、マンガなどは、生活に根づいて楽しんでいるだけに、
意外性のある内容、魅力的な映像や視覚効果などについては、敏感に反応されると思います。
そして、その評価は、鋭くて手厳しいものでしょう。

それは、私たちがそうしたものがもたらす、歓びや、感動、楽しさなど、
その価値の素晴らしさ、美しさを知りつくしているからこそ、
期待を大きくしてしまうからです。

表現は、人の意識を変え、私たちの価値観に好ましい影響をあたえ
人生をより豊かにしてくれるすばらしいものです。

ところが、ことロゴマークになると、その表現内容が平板であっても、
こんなものなのかと納得されているように思われます。

今までの正しさ

まわりを見わたしてみても、そのようなデザインばかりが目につきます。
大手企業のロゴマークであっても、イメージとしての「伝え方」の面白さ、工夫だけの
もので占められているといってもよく、多くのご依頼社の方々もそうしたデザインを

お考えになられています。

大きな変革期、チェンジと叫ばれる今、
商品や、サービスにおいて、求められているものも、今までとは違い、
映画、ドラマ、マンガなどがうみだすものと同質である、
歓びや、感動や、楽しさ、美しさという経験価値です。

それは、質からうまれる世界観、生き生きとしたライフスタイルの実現、
商品にまつわるドラマ、伝統なども味わえるような精神性の高さを
競う世界にシフトしているものです。

数値的な高品質を追求してもブランドになれない原因は、そこにあります。

大半のかたは、デザインを、漠然とスタイリッシュで素敵なものと
考えられているようですが、中身を覆い隠して、口当たりを良くする甘い糖衣錠では、
うわべだけの単なるきれい事として、軽くみられることに通じてしまいます。

もちろん、私のデザインでも、理屈抜きで素敵だと思わせる印象的デザインもあります。
さまざまな状況がありますので。

しかし、伝えるべきものは、ほんとうに仕事を大切にしているからこそ
生まれる意識の向上です。

それは行動を起こさせる内部の力、企業エンジンといえます。

そのものに宿る本質的な力は、つねに、その背後にあってそのものを
動かしているものだからです。そうした意識の向上が、能力を高めるがゆえに、
実力・魅力・信頼への証明に通じるものになります。

自社にそういう内容を見つけられるかと、お考えになられるかもしれませんが、
企業の本質な意識を把握したり、表出すること、つまりシンボル操作は、
高い専門性が必要とされるVIデザイナーの仕事ですので、お任せいただくことになります。

表現力とは、裏を返せば、洞察力に帰着します。

そうした発見力が、私のデザインの強み、特徴であり、
アクスルとして提供するVI、ロゴマークに宿る本質的な力を支えるものです。

しかし、独断的に決めつけることは致しておりません。
3〜5方向のご提案をしつつ、共鳴、共感、納得されるもので進めていくかたちになります。

一流企業に負けないクオリティのあるデザインを、
大手デザイン会社とは違う、廉価なデザイン料で本格VIを提供しています。

お問い合わせは、こちらからどうぞ。


 ・・ ・・ ・・


説明が後になってしまいましたが、
アクスルは、ネット上で受注するための屋号で、私はフリーランスのデザイナーです。
中堅企業から個人企業まで手がける企業のビジュアルコミュニケーションの
専門デザイナーです。

静岡県の静岡市、清水で仕事をしています。

窓から美しい富士山が、遠目に見えます。
この地ではいつでも見れる富士ですが、仕事に追われてしまうと目にすることもなく、
富士がこの地にあることさえ忘れてしまいます。

しかし、思わぬ時に、ふと視界に大きく浮かぶこともあります。
土地の高低差がうみだすマジックのようなものですが、
その姿の雄大さ、気高さは、ぐっと心に迫ってくるものがあります。

そんな経験からも、美には、人の歪みを正し、
人を元気にする不思議なエネルギーが宿っていると感じています。
それを、私は「美は命を輝かせる」ものだと考えています。

私のデザインの基調、根底に存在する考え方はそこにあります。
そして、現実を突き動かすもの、人を触発するものに、つきない興味があります。
そこに、さまざまな美という力が、深く関係していると思うからです。

故郷の、このような地方で、幅のせまい仕事をするのは大変です。
しかし、専門外の仕事で埋もれず、深い取組みができるメリットは気に入っています。

1995年に、17年いた東京からリターンしましたので、
私のデザインの基本は東京で学んだものです。
人から見れば、都落ちといえますが、本気になれる仕事を見つけられたことと、
故郷で、この仕事を続けられることに、しあわせを感じています。

デザインに限りませんが、すぐれた表現は、
伝えたい事や、モノを、見事に伝える力があります。

私は、真摯に、その表現という力を、デザインで提供したいと思っています。



 ・・ ・・ ・・



青木克磨(あおきかつま)

1956年、静岡県旧清水市本魚町生まれ
1974年、静岡県清水市立清水商業高等学校(旧名)卒業
1976年、日本デザイナー学院名古屋校卒業
五十嵐威暢デザイン事務所(現 Igarashi Studio)、日本デザインセンターなど、
デザインプロダクションを経て、97年に再独立。

デザインワーク掲載年鑑
international corporate indentity 1990
日本タイポグラフィ年鑑1989

しずおかデザイン情報サービスデザイナーバンク登録デザイナー


[アクスル]
〒424-0817 静岡県静岡市清水区銀座13-30-304
電話:054-363-3101 Fax:054-363-3101 e-mail:info@axle.biz / aok@sea.plala.or.jp



・L I N K

プリントアートスタジオ【モアブ・エディション】

デジタルプリント、デジタルスキャニング、シルクスクリーンの工房、
モアブ・エディションです。30年来の友人の水上清さんが、主催しています。
米国ロサンジェルスにて、ヒロ・ヤマガタ、長岡秀星などのアートプリントを
手掛けたきたプロフェッショナルです。
2008年に帰国して、美しい山々に囲まれた長野県佐久市にモアブ・エディションを
開設しました。戦後、名だたる数々の名作ポスターを手がけた
シルクスクリーンのあの斉藤プロセスにも籍をおいた実力派です。
ご興味のある方、他にはないクオリティを追求される方はアクセスすることをお勧めします。